[ リア・スプロケットガード ]
リア・スプロケットガード
リア・スプロケットガードは、ハイサイド等による転倒時にリアスプロケットに挟み込まれて手指に重大な損傷を負う事故が相次ぎ、それを杞憂したレースメカニックのアドバイスにより、1998年国内ではマジカルレーシングが最初に発売に踏み切ったレース用安全装備です。
その後、国内レースレギュレーションでも採用され、ボルト・オン固定が義務付けられましたが、スポーツ走行では、スイングアームに加工の必要が無いタイラップ固定のものお選びいただくことができます。
[ ODER FORM ]
下記注意事項を良くお読みの上、ご注文願いいたします。
●見積もりに送料は含まれておりません。ご注文された後、送料込みの代金をご連絡させていただきます。
●インターネットでご注文される商品はクレジットカードと、代金引換えによる注文をお選びできます。
●商品価格が1万円を超えた場合は送料無料のサービスをさせていただいております。
リアスプロケットガード タイプ-1(汎用タイプ)
●羽はスイングアームにほぼ平行
●ストリート仕様はタイラップ固定、レース仕様はボルト固定になります。

カーボン製 レース用/ストリート用
Price:¥5800(税込\6090)
仕様:
購入数:
リアスプロケットガード タイプ-2(汎用タイプ)
※ボルト固定タイプ 羽の先端部はスイングアームから約5度入ります
カーボン製 レース用 Price:¥5800(税込\6090)
購入数: