BSTカーボンホイール トップ > ファクトリーツアー
2011年4月5日、マジカルレーシングの蛭田社長が南アフリカ、ヨハネスブルグ近郊にあるBlack Stone Tek社とBSTカーボンホイールのファクトリーを訪問しました。BSTカーボンホイールがどのような工程で製造されるのかをレポートしたいと思います。
左より営業担当のChantal、社長のGary、マネージメントのTerryの皆さんが蛭田社長を迎えてくれました。
Black Stone Tek社の近くには、かつてはF1が開催され、現在でもワールドスーパーバイクが開催されるキャラミ・サーキットがあります。クラッシックなマウンテン・テクニカルコース。
材料はイングランドのACG(アドバンス・コンポジット・グループ)からクール便でBST専用ナノカーボンブレンドの特殊なエポキシ樹脂をプリプレグにして入庫。
ホイールは、専門のスタッフにより手貼りされています。
ホイールの型へのレイアップはすべて手貼り。手順を踏んで一気にワンピースに貼りこむ、ワンピース・モノコック構造になっています。
貼り上げたホイールは、ひとつづつ丁寧にバギングし、バキュームをかけてオートクレーブに入れる前工程を仕上げる。
それぞれのホイールには、すべての作業履歴工程チェック表が常に付いている。(飛行機の部品製作と同じ基準)
オートクレーブの中へ入れる。オートクレーブ内は圧力・温度センサーが多数設置されている。
バリが出ている脱型した状態。
粗取り自動旋盤でプログラム通り切削し、バリ等を取り除きます。
マシーンで粗取りグラインドした後はスタッフの手でサンディング。表面の塗装ののりを浴するためにアシ付けを行います。
自動旋盤〜仕上げの後、ハブの組み立てを待つカーボンホイール。
BSTホイールはすべて、一度タイヤを組込みエア漏れ、軸振れ等のチェックの後出荷される。(全数検品)
UVカット・ウレタン塗装は最終工程。専用ブースで作業する。
マジカルレーシングのためのストックヤードはNCR,Nortonの隣。
製造ラインにあるBSTホイール。いよいよ出荷梱包待ちの状態受注時から生産、集荷に至るまで、ずっと検査書類でチェック、工程管理されている。
こちらはDUCATIモンスター用のカーボンサブフレ−ム。
型へのレイアップはすべて手貼り。
ワーカーは8割が黒人であるが、白人のFRPエンジニアも居る。
各車種ごとに整然と管理されるハブ。
NCR向けのフェンダー類を確認する蛭田社長。
JWL認証テストは破壊試験機器で行います。
厳しい試験をクリアしたホイール。お疲れ様。
カーボンタンクもサイドインパクトテスト済み。
KTMのタンクだけど・・・BST製です。
▲ ページトップへもどる